広島市:大雨に関する注意喚起(自主避難の呼びかけ)について

15時09分、広島市に大雨警報(土砂災害)が発表されています。

広島地方気象台によると、広島市では、22日夜遅くまで、1時間最大25ミリの降雨が予想されています。
23日朝まで、土砂災害に注意が必要です。

また、23日夕方まで、最大風速16メートルの風が予想されています。

今後の気象情報に注意してください。

なお、がけや山、河川の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告は、土砂災害特別警戒区域、土砂災害警戒区域・土砂災害危険箇所や洪水浸水想定区域等の危険区域を対象に発令しますので、あらかじめハザードマップ等で自分の住む地域や現在地の危険性を確認しておきましょう。

広島市危機管理室 082-504-2653

広島市:大雨に関する注意喚起(自主避難の呼びかけ)について

11時40分、広島市に大雨警報(浸水害)が発表されています。

広島地方気象台によると、広島市では、7日昼過ぎまで、1時間最大30ミリの降雨が予想されています。
(広島地方気象台からの警報発表文を引用)

今後の気象情報に注意してください。

なお、がけや山、河川の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告は、土砂災害特別警戒区域、土砂災害警戒区域・土砂災害危険箇所や洪水浸水想定区域等の危険区域を対象に発令しますので、あらかじめハザードマップ等で自分の住む地域や現在地の危険性を確認しておきましょう。

広島市危機管理室 082-504-2653

広島市:避難勧告等の解除(安佐北区)

安佐北区災害対策本部から避難勧告等の解除についてお知らせします。

広島市に発表されていた大雨洪水警報が解除され、区域の安全が確認できたため、次の区域へ発令していた避難勧告等を解除します。
なお、避難勧告等の解除に伴い、開設していた避難場所を閉鎖します。

【対象区域】
井原、高南、三田、狩小川小学校区の三篠川の洪水浸水想定区域

【閉鎖する避難場所】
井原小学校、高南小学校、三田小学校、狩小川小学校

詳しくは以下のホームページで
http://www.bousai.city.hiroshima.lg.jp/

問合せ先
安佐北区災害対策本部
TEL:082-819-3952
FAX:082‐815‐3906

広島市:避難準備・高齢者等避難開始の解除(佐伯区)

佐伯区災害警戒本部から避難準備・高齢者等避難開始の解除についてお知らせします。

広島市に発表されていた大雨・洪水警報が解除され、安全が確認できたため、次の区域へ発令していた避難準備・高齢者等避難開始を解除します。
なお、避難準備・高齢者等避難開始の解除に伴い、次の施設に開設していた避難場所を閉鎖します。

【対象区域】
湯来東小学校区の水内川の洪水浸水想定区域

【閉鎖する避難場所】
湯来福祉会館

詳しくは以下のホームページで
http://www.bousai.city.hiroshima.lg.jp/

問合せ先
佐伯区災害警戒本部
TEL:082-943-9704
FAX:082-943-9718

広島市:高潮に関する注意喚起

広島市に、台風第18号が接近しています。

広島地方気象台によると、広島市が台風の暴風域に入ることが予想され、大雨・暴風のおそれがあり、沿岸部では満潮時刻の20時頃を中心に高潮の影響があるおそれがあります。
大変危険ですので海岸や沿岸部などへは近寄らないようにしてください。

できるだけ不要な外出は控え、テレビ・ラジオなどを通じ、今後の気象情報に注意してください。

海岸の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

高齢の方、障害のある方、小さい子供をお連れの方などで、避難に時間がかかる方は、早めに避難準備を始めてください。
避難に助けが必要な方は、支援者と連絡を取り合うなどして、早めに避難準備を始めてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

問い合わせ先
広島市危機管理室
TEL:082‐504‐2819
FAX:082‐504‐2802

広島市:高潮に関する注意喚起

広島市に、台風第18号が接近しています。

広島地方気象台によると、広島市が台風の暴風域に入ることが予想され、大雨・暴風のおそれがあり、沿岸部では満潮時刻の20時頃を中心に高潮の影響があるおそれがあります。
大変危険ですので海岸や沿岸部などへは近寄らないようにしてください。

できるだけ不要な外出は控え、テレビ・ラジオなどを通じ、今後の気象情報に注意してください。

海岸の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

高齢の方、障害のある方、小さい子供をお連れの方などで、避難に時間がかかる方は、早めに避難準備を始めてください。
避難に助けが必要な方は、支援者と連絡を取り合うなどして、早めに避難準備を始めてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

問い合わせ先
広島市危機管理室
TEL:082‐504‐2819
FAX:082‐504‐2802

広島市:高潮に関する注意喚起

広島市に、台風第18号が接近しています。

広島地方気象台によると、広島市が台風の暴風域に入ることが予想され、大雨・暴風のおそれがあり、沿岸部では満潮時刻の20時頃を中心に高潮の影響があるおそれがあります。
大変危険ですので海岸や沿岸部などへは近寄らないようにしてください。

できるだけ不要な外出は控え、テレビ・ラジオなどを通じ、今後の気象情報に注意してください。

海岸の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

高齢の方、障害のある方、小さい子供をお連れの方などで、避難に時間がかかる方は、早めに避難準備を始めてください。
避難に助けが必要な方は、支援者と連絡を取り合うなどして、早めに避難準備を始めてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

問い合わせ先
広島市危機管理室
TEL:082‐504‐2819
FAX:082‐504‐2802

広島市:高潮に関する注意喚起

広島市に、台風第18号が接近しています。

広島地方気象台によると、広島市が台風の暴風域に入ることが予想され、大雨・暴風のおそれがあり、沿岸部では満潮時刻の20時頃を中心に高潮の影響があるおそれがあります。
大変危険ですので海岸や沿岸部などへは近寄らないようにしてください。

できるだけ不要な外出は控え、テレビ・ラジオなどを通じ、今後の気象情報に注意してください。

海岸の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

高齢の方、障害のある方、小さい子供をお連れの方などで、避難に時間がかかる方は、早めに避難準備を始めてください。
避難に助けが必要な方は、支援者と連絡を取り合うなどして、早めに避難準備を始めてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

問い合わせ先
広島市危機管理室
TEL:082‐504‐2819
FAX:082‐504‐2802

広島市:台風第18号に関する注意喚起

広島地方気象台によると、台風第18号は、17日の夕方から夜のはじめ頃にかけて、広島県に最接近する見込みです。

台風18号の接近に伴い、暴風、高波、高潮のほか、大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
また、沿岸部や河口付近にあっては、とくに高潮への注意が必要です。海や水路の見回りなどは大変危険ですので、近寄らないようにしてください。
できるだけ不要な外出は控え、テレビ・ラジオなどを通じ、今後の気象情報に注意してください。

がけや山、河川、海岸の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。

高齢の方、障害のある方、小さい子供をお連れの方などで、避難に時間がかかる方は、早めに避難準備を始めてください。
避難に助けが必要な方は、支援者と連絡を取り合うなどして、早めに避難準備を始めてください。

今後、危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。
(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)

問い合わせ先
広島市危機管理室
TEL:082-504-2819
FAX:082-504-2802

広島市:台風第18号接近に伴う注意喚起

広島地方気象台によると、台風第18号は、17日の昼過ぎから夜のはじめ頃に広島県に最接近する見込みです。
台風18号の接近に伴い、17日は、暴風、高波、高潮のほか、大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
今後の気象情報に注意し、風が強まる前に、家の周りの安全対策や非常持ち出し品の準備など、台風に備えてください。
○ 家の周りの安全対策
 ・ 風で飛ばされそうなものは、家の中に入れるか飛ばないように固定する。
 ・ 側溝や排水溝を掃除して水はけを良くしておく。
 ・ 窓や雨戸はしっかり鍵をかけ、必要に応じて補強する。
○ 非常持ち出し品の準備等
 ・ 懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、常備薬、衣類、非常用食品、貴重品などをリュックサックに入れ、準備しておく。 
 ・ 断水に備え、浴槽に水を張るなど生活用水の確保をするほか、飲料水をストックしておく。

問い合わせ先
広島市危機管理室
TEL:082-504-2819
FAX:082-504-2802